【ステンレス製品のメンテナンス方法】錆びは放っておかない!

ステンレス製品のメンテナンス方法

 

私たちの生活に欠かせない金属は、ずばりステンレスです。ステンレスは安価で、メンテナンスが楽なので、あらゆる場所で重宝されています。

ただ、正しいメンテナンス方法を知っておかないと、腐敗が進み使い物にならなくなる可能性があります。いくらサビに強く、耐久性に優れているからといって、油断してはいけません。

この記事では、ステンレスの正しいメンテナンス方法についてまとめました。ステンレス製の製品を多く持っている方は、ぜひ参考にしてください。

 

ステンレスの基礎知識

ステンレスと錆びの関係

「ステンレスは錆びない」と思っている方も多いと思いますが、錆びにくいというだけで、錆びないことはありません。ステンレスが錆びてしまうのには原因があります。

ステンレス製の調理器具の話を例に挙げると、調味料を放置していた場合や、漂白剤や粒子の粗いクレンザーを使用した場合、硫黄分を含んだ水を長時間放置した場合、などが挙げられます。これらの行為は、ステンレス表面への酸素の供給を妨げてしまうので、酸化皮膜を破壊してしまいます。ステンレスは使い方次第では、錆びる可能性があることを覚えておきましょう。

ステンレスの錆びは鉄などと違い、表面だけについていることが多いので、簡単に取り除くことができます。万が一錆びてしまっても、元の状態に戻すことができるので、あまり心配しなくてもいいでしょう。

 

ステンレスは傷がつきやすい

ステンレスは、頑丈そうに見えますが、実は簡単に傷がついてしまいます。ですので、ステンレス製品を掃除するときは、スチールたわしやステンレスたわしは使用しないようにしましょう。

万が一表面に傷がついてしまったら、そこからサビが始まり、腐敗が進んでいってしまいます。「ステンレスは傷がつきやすいもの」ということを頭に入れて、取り扱いには十分注意しましょう。

 

水あとが残りやすい

ステンレスは水あとが残りやすいので、水滴がついたまま放置しておくと、それがそのまま水垢になってしまいます。ステンレス製の調理器具に変な模様がついてしまうのは、洗った後にきちんと水滴を拭きとっていない証拠です。しまう前に、軽く水気を拭き取る習慣をつけましょう。

 

ステンレスの汚れと除去方法

手の垢による汚れ

ステンレスは、手垢や指紋が付着しやすく、非常に目立ちやすいです。調理器具などは直接手で触るものなので、対策することは難しいのが正直な話。気づいたときに、スポンジや布に中性洗剤を付けて、拭き取るしかありません。

 

もらい錆び

もらい錆びとは、錆びた金属が、材質の異なる金属と長時間接した状態になることで、錆びていなかったものにまで錆びが移ってしまう現象のことです。

万が一もらい錆が起こってしまった場合は、中性洗剤で優しく洗った後に、柔らかいタオルで拭いてください。錆びが移ってから時間が経っていなければ、比較的簡単に取り除くことができます。中性洗剤だけで落ちなかったら、ステンレス専用の洗剤を使うか、酢を表面に塗って再度スポンジでこすると綺麗に落ちるでしょう。

 

赤錆び

もらい錆びを長期間放置していると、次第に赤錆びに変化していきます。錆びは時間が経てば経つほど、取れにくくなってしまうので、気づいた時点で掃除することが大事です。

赤錆びと言うだけあって、見た目は茶褐色。市販でも清掃薬剤を買うことができるのですが、赤錆びまでになるとなかなか落とすことが難しくなります。

清掃薬剤を使っても取り除けなかった場合、ヤスリなどで表面をこすってから、再度清掃薬剤を使って磨いてみてください。表面を削ることになるので、どうしても傷が付いてしまうのですが、そのまま赤錆びを放置するよりも得策です。

 

ステンレススチールの腕時計には要注意

腕時計の材料として、ステンレススチールはよく使われます。かなり丈夫で、外部からの刺激に強いので、付けているときに特別気を使わずに気軽に使えます。ですが、定期的にメンテナンスをしていないと、錆びてしまう危険性があります。

時計は肌と密着しているものなので、皮脂の汚れや汗で酸素供給が遮断されると、酸化皮膜が壊されてしまいます。この酸化皮膜がないと、錆びやすくなってしまうので、こまめに時計についた汚れを取ってあげる必要があります。特に、本体と裏ブタの隙間には汚れが溜まりやすいので、重点的に掃除をするようにしましょう。

 

ステンレス製の製品はメンテナンスが大事

ステンレスは確かに丈夫で、メンテナンスが楽な金属と言えます。ですが油断していると錆びてしまうので、定期的に綺麗にしてあげることが大切です。

株式会社青木精機は、精密部品の精密切削加工を行なっている会社です。
ステンレス加工がメインとなりますが、その他非鉄金属ももちろん対応可能です。CNC自動複合旋盤による、質の高い切削加工をすることにより、お客さまの多種多様なニーズにお応え可能となっております。
各種、切削量産加工をお考えでしたら、ぜひ一度弊社へご相談下さい。

 

  • 彩の国工場
  • チーム・マイナス6%
  • TOPICS